1. ホーム
  2. ルート
  3. エリア16

ルート

エリア16
八島湿原~霧ヶ峰~白樺湖

― 日本有数の高山植物の群落は必見 ―

○参考タイム・・4時間半 ○歩行距離・・約13km  ○難易度・・★★☆

コースの特長

四季に亘って繊細な風景と多くの高山植物を堪能でき、世界的にも貴重な八島湿原は、1時間半ほどで周遊できます。鎌倉時代に流鏑馬が行われたという旧御射山遺跡のある湿原の南側から信濃路自然歩道、霧ヶ峰自然研究路を歩き、自然保護センターから車山へ。車山高原の散策路を白樺湖へと下ります。

服装・靴>
ほとんどが遊歩道ですが、車山の登り・下りがあるので、歩きなれたウォーキングシューズ、またはトレッキングシューズが良いでしょう。

諏訪大社下社奥宮 車山頂上へ 白樺湖
諏訪大社下社奥宮 車山頂上へ 白樺湖

おもなポイント

◆八島湿原

霧ヶ峰の一角標高1650mに位置し45万㎡に広がり、約1万年もの歳月を経て造られ高層湿原で、国の天然記念物に指定されている。八つの島があったことから八島湿原と呼ばれるが、浮島や小さな島などがあり、約1時間半で周遊できる。

◆旧御射山遺跡 

御射山ヒュッテの先で川を渡って、日本で最古の円形桟敷式野外競技場と言われている地形が残っている。鎌倉時代各地の武人が集まって武技を競ったと言われている。諏訪神社は鎌倉時代武神として崇められた。
・金刺盛久「をばなふく ほやのめぐりのひとむらに しばし里あり秋のみさやま」
・島木赤彦「みほこらにいく代ふりけむ山梨の下垂る枝は草にうもれつ」と詠まれている。

 

◆諏訪大社下社奥宮

寅と申の年、7年に一度諏訪神社の神事として行われる御柱祭りは各地にある神社(小宮)でも行われ、ここでも4隅に柱が立っている。車山山頂神社にも見られる。

 

◆車 山

日本百名山・霧ケ峰の最高峰(1925m)で、北アルプスや南アルプスなどの、360度のパノラマが見渡せる。気象レーダーの建物が遠くからでも目印になる。スキー場もあり、四季に亘って、いろいろなコース設定ができ、比較的手軽に散策できるので人気が高い。

 

◆白樺湖

蓼科山を背景に標高1416にある白樺湖は、遊覧ボートや周囲には宿泊施設や遊園地などがあり、北八ヶ岳山麓の観光の湖として知られる。周囲約6キロメートル、面積約35ヘクタールの湖。

 

周辺のポイント・見処

(美ヶ原)

松本平の東、およそ標高2000mに位置し、日本一の広さと高さを誇る高原台地。高原の放牧風景や美ヶ原のシンボル美しノ塔、そして深田久弥の日本百名山の一山としても知られている。また、ビーナスラインを利用すれば霧ヶ峰から続く、最適なドライブコースとして多くの観光客が訪れている。

<案内所・立寄処>

・霧ヶ峰自然保護センター(諏訪市) ☎ 0266‐53‐6456
・白樺湖レイクサイドホテル山幸閣 ☎ 0266‐68‐2021
・すずらんの湯 ☎ 0266-68‐3424

 

地図

↓概略地図


↓詳細地図(※画像をクリックするとPDFが開きます)

▲ページの上部へ戻る